賞味期限

プロポリスは喘息に効く?

喘息とは、慢性的に咳が続く病気で、常に気道に炎症を起こしているために敏感になっており、たばこの煙やホコリやストレスなどの刺激ですぐに発作を起こしてしまいます。
子供から大人まで色々な人を悩ませている病気です。
そこで「プロポリス」と喘息の関係を見て行きましょう。

殺菌作用、抗菌作用に優れた力を持つ「プロポリス」は、巣を守るためにミツバチが作りだした物質です。
外敵が侵入した際、この物質で敵を包み込んで固めてしまいます。
そうすることによって、相手から発せられる菌の繁殖まで防いでしまう驚きの物質なのです。

このプロポリスの中には、ポリフェノールの一種フラボノイドが含まれており抗酸化作用、抗炎症作用や抗アレルギー作用、鎮痛作用に優れています。
喘息は気道に炎症を起こしているので、常に過敏になっています。この炎症を鎮めるためにプロポリスを摂取することは症状改善に効果がある可能性があるほか、鎮痛作用で咳をしすぎて感じる気道の痛みを和らげてくれる効果もあります。また、抗アレルギー作用でほこりや花粉などで咳が引き起こされるアレルギー症状を抑えて緩和することが狙えます。

喘息の治療法としてステロイド剤を服用することが一般的ですが、長期服用の副作用として骨粗しょう症発症や、免疫力が低下することで起こる感染症、ステロイド性糖尿病、消化器の潰瘍、精神病など様々な副作用を起こす可能性があります。

しかし、プロポリスは天然物質であり、長期摂取してもステロイドのような副作用はありません。さらに、抗酸化作用で細胞を元気にしてくれ、免疫機能が向上するので、身体全体の機能を上げ喘息の症状を緩和してくれるでしょう。
このような効果から、プロポリスを摂取することは、喘息の症状の改善につながる可能性があります。

しかし、全ての人の喘息がよくなるわけではありません。
蜂アレルギーを持っている人や喘息の症状がひどい場合は万が一を考えてプロポリスの使用を控えたほうがよいでしょう。
また、摂取して症状がひどくなった場合には、摂取を中止し、医師に相談して下さい。