賞味期限

プロポリスで頭痛緩和

頭痛になると痛みで集中力が無くなり何もできなくなりますよね。
慢性的に起こる片頭痛にお悩みの人も多いと思います。
実は健康食品であるプロポリスにはこれらの悩みを軽減してくれる働きがあるのです。
その仕組みを見て行きましょう。

一般的な頭痛の主な原因は機能性頭痛と呼ばれ血管が拡張することによって起こる「片頭痛」、ほぼ決まった時間に片目の奥が痛む「群発頭痛」、ストレスや筋肉の凝り眼精疲労によって起こる「緊張型頭痛」があります。
これらの頭痛が起こった場合、鎮痛剤を飲んで対応するのが一般的ですが、鎮痛剤には副作用の心配や多用したために依存症になる恐れがあり常習的に使用することは控えたほうがいいのです。
そこで鎮痛剤の代わりにプロポリスを服用することをおすすめします。

プロポリスは、ミツバチが植物の樹脂や樹木の新芽を集め、自らの分泌物で混ぜ合わせて作った物質で、巣の隙間や外壁に塗り込め使用します。
殺菌効果のあるポリフェノールの一種フラボノイドが多く含まれており、ウイルスや外敵から巣を守る働きをします。そのため「天然の抗生物質」と呼ばれています。

さらにフラボノイドは「天然のアスピリン」と呼ばれ痛みを緩和させる効果があり、症状によって原液を塗ったり、内服したり注射などで使用することが可能です。
末期がんの痛みを緩和したり、手術跡の傷口の痛みを抑えたり、歯痛にも効果があるほどです。
鎮痛剤を飲む代わりにプロポリスを使用すると、頭痛の原因である「プロスタグランジン物質」の生成を抑え痛みを緩和してくれます。慢性の頭痛で困っている人は、一度プロポリスを鎮痛剤代わりに使用してみるとよいでしょう。化学物質で痛みをとるよりも自然な形で身体に負担をかけずに頭痛を緩和してくれるでしょう。

しかし、プロポリスや鎮痛剤を飲んでも頭痛が続くどんどん痛みがひどくなる、今まで経験したことのないような痛みがある、手足のしびれがある場合は、大きな病気のサインである可能性があるので必ず医療機関に相談しましょう。