賞味期限

プロポリスに賞味期限はあるの?

サプリメントを買っても、飲み忘れて放置していることはありませんか?
忘れていて、結局捨ててしまってしまったことはありませんか?
「プロポリス」は最近人気の健康成分ですが、飲み忘れて放置していると賞味期限が気になります。
一体プロポリスの賞味期限はどれくらいあるのでしょう?

サプリメントは薬ではないので即効性がなく、そのため何となくそのまま忘れていたなんてことが多くありますが、栄養素をたくさん含むプロポリスは、しっかり保存をしておかないと、その栄養素が壊れてしまいそうな気がしますよね。
すぐに飲んでしまはないと品質に問題が生じてしまうのではないかと心配してしまいます。

同じミツバチから作られるローヤルゼリーは熱に非常に弱く常温で保存が効かないため保管が難しいのですが、実はプロポリスはあまり注意を払わなくてもよい健康食品なのです。

液体タイプの多いプロポリスですが、必ずアルコールで抽出しなくてはならず、その過程でアルコールが含まれるので保存料を加える必要がないのです。冷蔵庫に入れておく必要もないのです。
また、プロポリスは、ミツバチが巣の中を清潔に保つための働きをし、さらに古代エジプトではミイラの防腐剤として利用されていた歴史もあり、非常に殺菌作用、抗菌作用に優れているので、うっかり忘れていても腐ることはありません。
ですから賞味期限は3年から5年と他の栄養素よりも長めに設定しされており、もし飲み忘れていたり、事情が合って摂取できなかった期間があってもまた途中から飲み始めることができます。

しかし、いくら安心できても、やはりメーカの表示する賞味期限を目安に飲み終える方が確実に安全です。
賞味期限を大幅に超えるようなサプリメントは摂取を諦めたほうがよいでしょう。

またカプセルの場合、夏などの高温時にカプセル同士がくっついて飲みにくくなってしまうので注意して下さい。

しかしプロポリスは天然の自然食品です。
いくら扱いが簡単だからと言って、気温や湿度が高い場所に置いておいたり、封を開けっぱなしで放置するなどのずさんな管理をしていると品質が変化してしまいます。
冷蔵庫などのなるべく涼しい場所に保管し、安心して飲める品質を保持するよう努めてください。